カテゴリ:アウトドア( 12 )

 

仕事帰りのキャンプ

明日から2連休の為に北村キャンプ場にきました。明日から自転車で来ようと思いましたが仕事終わりに来ちゃいました。1泊するか2泊するかは気の向くままに
a0303336_20532407.jpg
a0303336_20532665.jpg
a0303336_20532992.jpg

[PR]

by mumumu4827 | 2016-05-13 20:47 | アウトドア | Comments(2)  

ようやく届きましたよ

いやぁー注文してから18日目にしてようやく届きましたわ

アルコールストーブの時に使う燃料を入れとくやつが

アルコールストーブも完成して燃料をどう持ち運ぶかと考えた結果グッドなアイテムを発見


アルコール燃料っていったらこういうプラスチック製の容器に入ってる
a0303336_23050855.jpg

でもこれじゃでかいし持ち運び不便なわけ、100均ショップを見て回ったりホームセンターも徘徊したけどこれっていうアイテムが見つからない


そんな時たまたま頭に浮かんだ物をアマゾンで検索したらドンピシャなアイテムが


それがこれウィスキーボトル!ジョウゴ付き
a0303336_23051092.jpg

値段はなんと送料込み472円!しかも中国からきました、送料込みで472円ってどういう商売してるんでしょうね、まっ消費者からすれば売る側の素性なんてしりませんからね

容量が10オンスって書いてあるのでリットルに換算したら300ccぐらいだそうです。
一回のアルコールストーブが約30cc入るとしたら約10回分ほど使える計算

ちゃんとキャップもなくならないような仕組みが有り難い
a0303336_23051314.jpg



付属のジョウゴがあるからウィスキーボトルにアルコールを入れる時やアルコールストーブに注ぐ時にも溢さず入れれそう
a0303336_23051507.jpg
a0303336_23051855.jpg


それになんと言ってもこのスリムな感じがヨイヨイ

大体2cm位かな、ズボンのお尻ポケットに入れるために湾曲してるけど全然問題なし
a0303336_23052130.jpg



いやぁ長く待ち通しかったけど手元にきて安心したしなかなか良いアイテムを発見できてなによりでしたわ
[PR]

by mumumu4827 | 2016-04-02 23:03 | アウトドア | Comments(0)  

今回はウッドストーブつくりました

アルコールストーブの次はウッドストーブを作る予定だったので先週ホームセンターにて資材を買い出し。資材と言っても大きさの異なる丸い缶を二個買うだけ。二個で500円するかしないか位、100均の品物で揃えれば216円で出来ます。
a0303336_17393086.jpg



これもアルコールストーブ同様に非常に簡単な仕組み、加工という加工もなくこのウッドストーブで言えば穴を開けるだけで出来ます。

YouTubeなどを見ると皆さん外缶に中缶を入れる加工の穴開けに苦戦している人もいますが今回の組み合わせはその加工無しのピッタリ収まる組み合わせ
a0303336_17393223.jpg



今回は試作版と言うことで外缶の下側に10mm位の穴を14ヵ所、中缶には7mm位の穴を上下に10ヵ所ずつ穴を開ける、穴を開ける位置決めとしてマスキングテープに印をつける
a0303336_17393319.jpg


印を目印にあとさひたすら穴開け
a0303336_17393703.jpg


中缶にも穴開け、画像取り忘れた。
中缶にも穴開けをしたら外缶にイン!
a0303336_17394118.jpg


大きさはこのくらいです
a0303336_17394451.jpg



仕事中は雨だったけど帰宅したら雨も止んでいたので着火してみた、木は隣の空き地にあった木だけど雨で湿気ってる、それでもティッシュと木とでライターを使い着火
a0303336_17394535.jpg

やはり湿気ってるから燻ってる
a0303336_17394980.jpg



それでもちょっと息を吹き掛けたりしたら着火!
a0303336_17395346.jpg


二重構造にしたことによりただ燃えているだけではなく二次燃焼効果も現れて穴を中缶の内側から火が出てきた
a0303336_17395685.jpg


うぉこりゃいいぞ、成功とも思いましたが湿気ってる木のせいで間もなく鎮火

それでも完全鎮火までにも燃焼はしているのでこの間に燃えそうな物を放り込めば更に燃焼し続けるでしょうね


これで五徳を作ればこれで湯わかしたりなにか作ったり焚き火として暖もとれるでしょう








[PR]

by mumumu4827 | 2016-03-19 17:35 | アウトドア | Comments(0)  

ついにCB缶



今までキャンプではホワイトガソリン、ガスカートリッジ、炭、小枝、木、アルコール、固形燃料など色々使ってきましたがやはりコスパとか簡単調達を考えると最終的にはCB缶が一番かな。いつもそう思いつつなかな買わなかったCB缶バーナー


でも昨日無性に欲しくてポチりしてやりました

今日届きました。

開封の儀であります
a0303336_22081651.jpg
a0303336_22081711.jpg


さっそくためしに組み立て、組み立てと言っても足を出したり五徳を広げたりと簡単です

本体の他にカセットボンベ(通常のCB缶の半分位のやつ)もセットで入っていますがこの組合せが最高!収まり良し!
a0303336_22082143.jpg
a0303336_22082611.jpg


縦に積んだら水筒くらいの大きさ、左が今回購入したイワタニ製ジュニアバーナー&CB、右は当時世界最少?だったかなスノーピーク製の「地」とにかく小さいバーナー
a0303336_22083057.jpg
a0303336_22083527.jpg


今まではソロキャンプとかキャンプでは右側のスノーピークでしたがいかんせん下に装着するガスカートリッジの大きさ、形が好きじゃないのね、小さいガスカートリッジもあるけどあまり時間がもたないしガスカートリッジを一回一回買うのもコスパがね


今回買ったジュニアバーナーはどこでも売っているカセットボンベ、安けりゃ3本入りでも300円しないしね


手に乗せた小ささは断然スノーピーク
a0303336_22083949.jpg
a0303336_22084317.jpg


今回のジュニアバーナー
a0303336_22084530.jpg
a0303336_22084628.jpg



どちらも一長一短はあるだろうけど恐らく今回購入したジュニアバーナーに軍配が上がるような気がします。使用したら使用実験できると思うので使うときがきたらインプレするかな




[PR]

by mumumu4827 | 2016-02-23 22:05 | アウトドア | Comments(0)  

アルコールストーブ②

今日もあぶない火遊びです

とりあえず3号機まで作りました

どれも構造は別ですがどれもアルコールストーブです

今日作った3号機はメチャメチャ簡単

材料は丸いキャップのついたアルミ缶を1つ用意するだけ
a0303336_19415097.jpg


6対4位の割合で真っ二つ
a0303336_19415432.jpg


真っ二つにした飲み口の方に千枚通しで8ヶ所を穴開ける、ちょっとスパイラル炎が出せるかもと思い斜め横方向に穴を空ける
a0303336_19415796.jpg


あとここがキーポイント!飲み口側に3ヶ所ほど切り込みを入れる、ここからアルコールが抜けていくらしい
a0303336_19415976.jpg


切り込みを入れたらひっくり返し返してカット済みの下側に飲み口を下にして入れる
a0303336_19420037.jpg


奥までグッと差し込み完了
a0303336_19420311.jpg


さっそくアルコールを入れて着火!

スパイラル炎とは少し違うけどまずまずの燃焼
a0303336_19420414.jpg




とりあえず3号機完成!


ついでに1号機をちょっと改良

横の12個の穴を1.5mmから3mmに拡大

炎の出が良くなりましたがちょっと燃費が悪くなったような
a0303336_19420814.jpg
a0303336_19421249.jpg


2号機が今のところ一番出来が良いような
約30ccのアルコールで缶コーヒーくらいの水量なら5分位で沸騰します
a0303336_19421478.jpg



スパイラル炎も求めたいですが次からはコンパクトかつ燃焼、燃費が良い物を作成しようかな
[PR]

by mumumu4827 | 2016-02-19 19:37 | アウトドア | Comments(0)  

自作アルコールストーブ

最近火遊びにはまっています。

火遊びと言ってもお縄になる方じゃないですから

アルミの缶カンで作る簡易ストーブです、アルコールストーブっていうやつなんですがメチャメチャ奥が深いんです。

作業行程は他の皆様がすでに作られていますので自分は割愛いたします。用意するのは飲んだあとのアルミの缶だけです、

「自作アルコールストーブ」と検索すれば作り方など沢山出てきます。
材料費はゼロ円です。燃料は薬局でも手に入ります「燃料アルコール」、大体500mlで400円前後で売っています。
a0303336_19382205.jpg





ストーブ自体は簡単に作れますが簡単ゆえにメチャメチャ奥が深いです、ちょっとした穴の大きさ、角度、開口部の大きさで火の点火時間、燃焼、燃費など変わってきます。



数日前から仕事の合間に作っております。

とりあえずタイプの違う物を二個作りましたが火の点火具合などが全然ちがいます。
a0303336_19393885.jpg


大体アルコール15ccで5分ほど燃えます、30cc入れれば10分近く燃え続けるのでお湯も沸かせれます
a0303336_19394161.jpg



会社の先輩と試行錯誤しながら作成しております



加工次第ではトルネードな炎が作れるみたいですのでチャレンジしたいっすね
a0303336_19394292.jpg


[PR]

by mumumu4827 | 2016-02-17 19:38 | アウトドア | Comments(0)  

コンパクトな事を分かってもらうために

前回お伝えした笑'sのB6君

自分が誤解を招く合成をしたばかりに各方面から疑問の声が上がっておりまして今回は訂正すべく画像を撮り直しました。

誤解がないよう比較するものをなくしました


ただ一言


手のひらサイズでございます


組み立てて正面
a0303336_18402871.jpg

組み立てて横から
a0303336_18403026.jpg


折り畳んだ状態
a0303336_18403324.jpg


折り畳んだ時の厚さ
a0303336_18403536.jpg


鉄板グリルを格納した状態
a0303336_18403715.jpg



とまぁこんなところでしょうか?


あっ手は子供の手ではなくて大人の男の手ですから

[PR]

by mumumu4827 | 2016-02-12 18:31 | アウトドア | Comments(0)  

すっかり忘れてましたというわけでもないですけど

最近、ヤフーブログも開設したためこちらにアップするのを忘れていました

先日の誕生日に嫁さんと子供からもらったコンパクトBBQグリルです

笑'sのB6君です、B6サイズだからB6君みたいです、他にもA4サイズのA4君とか他にもシリーズがあります。

B6サイズと言うことでめちゃめちゃコンパクトです。これでコンロの他にも焚き火台として使用する人や用途はさまざまで機能的です。

別売りの鉄板グリルとハードロストルもかってもらいました


このコンパクトさはソロツーリングやその前にに重宝するはずです。


まだ火入れ式は出来ていないので妄想と合成で色々焼いてみました。

手のひらサイズ
a0303336_12331542.jpg


ばぱっと組み立てて
a0303336_12331647.jpg


別売りのグリル乗せて
a0303336_12332087.jpg


右が今までのソロキャンプ用コンロ、左がB6君
a0303336_12332296.jpg


ここからは妄想です
a0303336_12332599.jpg
a0303336_12332909.jpg
a0303336_12333065.jpg
a0303336_12333107.jpg


今年のキャンプの楽しみがまた増えた

でもまだ乗り物が決まらない

今ある自転車か新たに買うかはたまたことしはホンダのカブを買って楽しむのか
[PR]

by mumumu4827 | 2016-02-10 12:20 | アウトドア | Comments(2)  

一応ソロキャンプ準備がてらキャラダイス キャンパーバッグの収納力を試す

行けるか行けないか分からない明日のソロキャンプですが一応準備だけはしてみた、先日購入したキャラダイス キャンパーにいつもの装備を詰め込んでみる、これがいつものソロキャンプ装備、あと食材と着替え等は入ってないけど
a0303336_18135065.jpg


先ずはメインのテント、シュラフ、エアーマットを詰め込み隙間には調理器具、先ずはテント!横ですっぽり入る
a0303336_18135295.jpg
これをベースにシュラフ&エアーマット
a0303336_18135326.jpg
もうほぼパンパンですが思考錯誤や入れる物を入れ換えればまだ収納可能。そしてこのキャンパーバッグの特徴としてロングフラップに!ホックを外したらまたベローっと伸びます
a0303336_18135576.jpg
a0303336_18135691.jpg
これでベルトを締めれば収納完了!と思いきや小さそうに見えてそこそこ大きい両サイドのポケットに小物を収納、炊飯器のメスティンがちょうどすっぽり入った、メスティンの中にはフォークやコップがすでに入っます
a0303336_18135848.jpg
反対側にも小物を収納


恐るべしキャラダイス キャンパーバッグ
a0303336_18135961.jpg



あとはヘキサゴンターブの本体とポール、BBQコンロ、テーブルなどが入らなかったけどタープはなくても別に要らないしBBQコンロも来期までにはお一人様用のコンパクトなのを用意するのでこの問題もほぼ解決できそう。
a0303336_18140086.jpg



って言うかいつもフロントにバッグを2つぶら下げてリアにもバッグを積んでソロツーリング&キャンプしていた訳ですのでこのキャラダイスキャンパーバッグ1つで8割を収納できたのは驚き。

さて明日はどうなるやら
[PR]

by mumumu4827 | 2015-11-13 17:56 | アウトドア | Comments(0)  

ソロキャンプ

明日、密かに定山渓の自然の村にソロキャンプに行こうと考えていたら天気が怪しい

今日みたいな小春日和なら最高だったのにね

先月で最後だと思っていたソロキャンプだったけどなぁ


明日は起きてみてまた考えよう
[PR]

by mumumu4827 | 2015-11-13 17:00 | アウトドア | Comments(0)