<   2016年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

CB缶からCB缶に充填

今回からCB缶(カセットボンベ)を使用してのソロキャンプを実施予定


それに合わせて持ち運ぶ携行を考えたら通常のCBよりももう少し小さいジュニアタイプと呼ばれるCB缶をチョイス。しかしこのジュニアガスは通常よりちょい高め、通常のボンベなら3本で300円前後だけどジュニアは1本200円前後

本来なら使用したら捨てるという使い捨てだがこのジュニア缶を捨てるのは痛ましい


ってことでネットで調べたらなんと便利な世の中と情報の多いこと、


CB缶からCB缶に移すための小道具を自作する人がいましたわ


真似て作りました


その前に通常のボンベとジュニアの比較、右側のが良く見る通常のボンベ、左がイワタニ製のジュニアガス
a0303336_18435471.jpg


使用するのはホームセンターで売ってるスペーサー(12個入りで約100円)と網戸の張り直しに使うゴム(4.5mm)だけです。網戸のゴムは買わなくても店によってはサンプルが置いてあるみたいですのでそれを1つ2つ拝借(笑)、自分は店員さんに言って10cmほど分けてもらいました
a0303336_18435540.jpg
a0303336_18463832.jpg





先ずは網戸のゴムを大体ですが9mmほどでカット。


カットしたらスペーサーに入れます、スペーサーは4mmでゴムが4.5mmなので少しキツいです、逆にキツくないとガスもれます
a0303336_18464186.jpg



押し込みます


大体上下均等に入れたら完成!
a0303336_18464313.jpg




ガスの口に作ったアダプターを入れます
a0303336_18464619.jpg



空に近いCB缶が下で容量のある方が上です。
a0303336_18464888.jpg



これでグッと上のボンベを抑えこむとブシューと入っていきます、これでガスの移行完了!

作ったアダプターはキャップ内に収まるのでなくさないかもです
a0303336_18465197.jpg
a0303336_18465397.jpg





ちなみに屋内だと危ないので必ず外で充填しましょう!満充填も危険です!あくまでも自己責任にてお願い致します

費用は一個あたり8円(笑)でできます、時間も3分ほどでできます
[PR]

by mumumu4827 | 2016-02-27 18:44 | Comments(2)  

ついにCB缶



今までキャンプではホワイトガソリン、ガスカートリッジ、炭、小枝、木、アルコール、固形燃料など色々使ってきましたがやはりコスパとか簡単調達を考えると最終的にはCB缶が一番かな。いつもそう思いつつなかな買わなかったCB缶バーナー


でも昨日無性に欲しくてポチりしてやりました

今日届きました。

開封の儀であります
a0303336_22081651.jpg
a0303336_22081711.jpg


さっそくためしに組み立て、組み立てと言っても足を出したり五徳を広げたりと簡単です

本体の他にカセットボンベ(通常のCB缶の半分位のやつ)もセットで入っていますがこの組合せが最高!収まり良し!
a0303336_22082143.jpg
a0303336_22082611.jpg


縦に積んだら水筒くらいの大きさ、左が今回購入したイワタニ製ジュニアバーナー&CB、右は当時世界最少?だったかなスノーピーク製の「地」とにかく小さいバーナー
a0303336_22083057.jpg
a0303336_22083527.jpg


今まではソロキャンプとかキャンプでは右側のスノーピークでしたがいかんせん下に装着するガスカートリッジの大きさ、形が好きじゃないのね、小さいガスカートリッジもあるけどあまり時間がもたないしガスカートリッジを一回一回買うのもコスパがね


今回買ったジュニアバーナーはどこでも売っているカセットボンベ、安けりゃ3本入りでも300円しないしね


手に乗せた小ささは断然スノーピーク
a0303336_22083949.jpg
a0303336_22084317.jpg


今回のジュニアバーナー
a0303336_22084530.jpg
a0303336_22084628.jpg



どちらも一長一短はあるだろうけど恐らく今回購入したジュニアバーナーに軍配が上がるような気がします。使用したら使用実験できると思うので使うときがきたらインプレするかな




[PR]

by mumumu4827 | 2016-02-23 22:05 | アウトドア | Comments(0)  

アルコールストーブ②

今日もあぶない火遊びです

とりあえず3号機まで作りました

どれも構造は別ですがどれもアルコールストーブです

今日作った3号機はメチャメチャ簡単

材料は丸いキャップのついたアルミ缶を1つ用意するだけ
a0303336_19415097.jpg


6対4位の割合で真っ二つ
a0303336_19415432.jpg


真っ二つにした飲み口の方に千枚通しで8ヶ所を穴開ける、ちょっとスパイラル炎が出せるかもと思い斜め横方向に穴を空ける
a0303336_19415796.jpg


あとここがキーポイント!飲み口側に3ヶ所ほど切り込みを入れる、ここからアルコールが抜けていくらしい
a0303336_19415976.jpg


切り込みを入れたらひっくり返し返してカット済みの下側に飲み口を下にして入れる
a0303336_19420037.jpg


奥までグッと差し込み完了
a0303336_19420311.jpg


さっそくアルコールを入れて着火!

スパイラル炎とは少し違うけどまずまずの燃焼
a0303336_19420414.jpg




とりあえず3号機完成!


ついでに1号機をちょっと改良

横の12個の穴を1.5mmから3mmに拡大

炎の出が良くなりましたがちょっと燃費が悪くなったような
a0303336_19420814.jpg
a0303336_19421249.jpg


2号機が今のところ一番出来が良いような
約30ccのアルコールで缶コーヒーくらいの水量なら5分位で沸騰します
a0303336_19421478.jpg



スパイラル炎も求めたいですが次からはコンパクトかつ燃焼、燃費が良い物を作成しようかな
[PR]

by mumumu4827 | 2016-02-19 19:37 | アウトドア | Comments(0)  

自作アルコールストーブ

最近火遊びにはまっています。

火遊びと言ってもお縄になる方じゃないですから

アルミの缶カンで作る簡易ストーブです、アルコールストーブっていうやつなんですがメチャメチャ奥が深いんです。

作業行程は他の皆様がすでに作られていますので自分は割愛いたします。用意するのは飲んだあとのアルミの缶だけです、

「自作アルコールストーブ」と検索すれば作り方など沢山出てきます。
材料費はゼロ円です。燃料は薬局でも手に入ります「燃料アルコール」、大体500mlで400円前後で売っています。
a0303336_19382205.jpg





ストーブ自体は簡単に作れますが簡単ゆえにメチャメチャ奥が深いです、ちょっとした穴の大きさ、角度、開口部の大きさで火の点火時間、燃焼、燃費など変わってきます。



数日前から仕事の合間に作っております。

とりあえずタイプの違う物を二個作りましたが火の点火具合などが全然ちがいます。
a0303336_19393885.jpg


大体アルコール15ccで5分ほど燃えます、30cc入れれば10分近く燃え続けるのでお湯も沸かせれます
a0303336_19394161.jpg



会社の先輩と試行錯誤しながら作成しております



加工次第ではトルネードな炎が作れるみたいですのでチャレンジしたいっすね
a0303336_19394292.jpg


[PR]

by mumumu4827 | 2016-02-17 19:38 | アウトドア | Comments(0)  

knogの3wayバッグ

最近では大手オークションサイトでもなくても他にも売買できるサイトもあるので色々とチェックしておりましたところ良さげなパニアバッグを見つけましたknog製の3wayバッグです、ショルダーバッグ、パニアバッグ、リュックになります、どのパーツも着脱式ですので使う用途に合わせられるのは好都合
a0303336_12091060.jpg


パニア状態
a0303336_12091374.jpg


アタッチメントをはずして
a0303336_12091641.jpg


リュックのアタッチメントを付けるとリュック状態
a0303336_12091981.jpg


底には防水カバーが収納
a0303336_12092237.jpg



収納スペースもたくさんあり重宝できそうです
a0303336_12092404.jpg
a0303336_12092726.jpg
a0303336_12093007.jpg


中古ですが送料込みで2500円はかなりお買得でした
[PR]

by mumumu4827 | 2016-02-14 12:01 | 自転車 | Comments(0)  

コンパクトな事を分かってもらうために

前回お伝えした笑'sのB6君

自分が誤解を招く合成をしたばかりに各方面から疑問の声が上がっておりまして今回は訂正すべく画像を撮り直しました。

誤解がないよう比較するものをなくしました


ただ一言


手のひらサイズでございます


組み立てて正面
a0303336_18402871.jpg

組み立てて横から
a0303336_18403026.jpg


折り畳んだ状態
a0303336_18403324.jpg


折り畳んだ時の厚さ
a0303336_18403536.jpg


鉄板グリルを格納した状態
a0303336_18403715.jpg



とまぁこんなところでしょうか?


あっ手は子供の手ではなくて大人の男の手ですから

[PR]

by mumumu4827 | 2016-02-12 18:31 | アウトドア | Comments(0)  

すっかり忘れてましたというわけでもないですけど

最近、ヤフーブログも開設したためこちらにアップするのを忘れていました

先日の誕生日に嫁さんと子供からもらったコンパクトBBQグリルです

笑'sのB6君です、B6サイズだからB6君みたいです、他にもA4サイズのA4君とか他にもシリーズがあります。

B6サイズと言うことでめちゃめちゃコンパクトです。これでコンロの他にも焚き火台として使用する人や用途はさまざまで機能的です。

別売りの鉄板グリルとハードロストルもかってもらいました


このコンパクトさはソロツーリングやその前にに重宝するはずです。


まだ火入れ式は出来ていないので妄想と合成で色々焼いてみました。

手のひらサイズ
a0303336_12331542.jpg


ばぱっと組み立てて
a0303336_12331647.jpg


別売りのグリル乗せて
a0303336_12332087.jpg


右が今までのソロキャンプ用コンロ、左がB6君
a0303336_12332296.jpg


ここからは妄想です
a0303336_12332599.jpg
a0303336_12332909.jpg
a0303336_12333065.jpg
a0303336_12333107.jpg


今年のキャンプの楽しみがまた増えた

でもまだ乗り物が決まらない

今ある自転車か新たに買うかはたまたことしはホンダのカブを買って楽しむのか
[PR]

by mumumu4827 | 2016-02-10 12:20 | アウトドア | Comments(2)